つみたてNISAの中身を考える

つみたてNISA口座を楽天証券で開設しましたが、肝心なのはその中身。idecoに比べると選択肢が多くて迷ってしまいます。

 

つみたてNISAの中身を考える

楽天・バンガード・ファンド(全米株式)(0.1696%)一本でもいいかな~なんて一瞬思いましたが、
とくにこだわりがないなら分散がベターですよねー
というわけで、

楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)(0.2396%)
これ一本でいくか、

三井住友・DCつみたてNISAシリーズ(シリーズ?)の
日本株インデックスファンド(0.1728%)
全海外株インデックスファンド(0.27%)

の組み合わせでいくか、で悩み中です。その日の気分でコロコロ変わります。

そのうち、ひふみぷらすとか言い出すかもしれません。

eMAXIS Slimも良さそう

第三の候補として

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

も追加です。idecoとNISAの枠内で投資を完結するならコレもアリかな~

 

11/10追記:つみたてNISAの設定をしたよ

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)にしました!

 

12/7追記:積立設定を解除しました。

2018年からの分、積立設定できてしまったんですけどね。
QAに「つみたてNISAの設定は12月下旬から」との記載を発見し問い合わせしたところ、設定できてしまうのはエラーらしく。
解除すれば引き落としされませんて(解除しないと引き落としされるの??)…
eMAXIS Slimバランスにしました!と言いつつ、モヤモヤ悩んでいたので、変更するかも。

 

選択のポイントを整理してみる

・年40万円のつみたてNISA枠内でゴチャゴチャさせたくないので商品は一つにする
・投資はidecoとNISAの枠内で行う方針
・上記の2点からリバランス不要のバランスファンドか?
・非課税期間が終了するまで繰上償還しませんように(資産規模重視)

いま流行り(?)の楽天VT(楽天・全世界株式インデックス・ファンド)も気になっていた、今でも気になっているのですが、
最近の好調な相場ではなく、日経平均が1万円を切ってどこまで下がるのか(2万円を超える日が再び来るなんて想像つかない)みたいな状況を想像してみますと、株式100%でいこうとは思えなくてですね。
ま、株式100%といっても年間40万円(イデコを入れても55万円弱)の枠内ですし、資産全体で考えれば無リスク資産の割合のほうが多いので、少し慎重すぎるかしらとも思いますが(だからまだ悩んでいる)。

ちなみに積立にあたっては、毎月3万円+ボーナス増額2万円で年間ピッタリ40万円です。
楽天証券の場合、年2回までボーナス増額の設定ができるので、月々33333円とかにしなくて済みました。
私は給与口座(その他金融機関)からの積立を選択したため、積立日は毎月7日か24日しか指定できません。給与やボーナス支給日との兼ね合いで7日にしました。逆算すると12月上旬には設定しておかないと1月からの積立に間に合いません。証券会社選びでモタモタしていたので間に合わないかも?!と思いましたが間に合ってよかったです(思ったよりNISA口座開設が早く終わったので助かりました)。

 

野村つみたてシリーズ(シリーズ?)が楽天証券でも取り扱い開始してました!

てっきり取り扱いがないものと思っていましたが、この商品も気になっていたのです。
う~ん、悩みます。
いっそのこと、たわらで統一しようかなとも思ったり(idecoは全額たわら先進国なので)

しかし私の場合、悩んだときは消去法で事務的に決めるほうが間違いが少ないのです。そうするとeMAXISSlimバランスが残るのですが。

20年となると、一時の感情で決めてはいけない、結婚相手を決めるような悩ましさがあります。