東京マラソン2018

初マラソン、初心者の底辺ランナーでしたが無事完走できました。

当選がわかってからの週一練習でも完走できた!
めっちゃ遅いペースだけど歩かなかった!

ちなみにタイムは5時間55分でした(ネットタイムだと5時間37分)。

また当選して走ることもあるかもしれないし?
今後のために備忘録を残しておくことにします。

  • ランナー受付
  • 当日(スタート前)
  • 当日(レース中)
  • 当日(ゴール後)
  • 感想

ランナー受付(東京マラソンエキスポ)

・土曜日。開場時間に合わせて来場。ランナー受付は10分ほど並んだかな。トータルで20分くらい。
・受付後、エキスポ散策。明日が本番なのですぐ帰るつもりが1時間以上滞在。色々もらったし買った。
帰るころ(12時過ぎ)、外には入場待ち列が!入場規制なんて今まであったでしょうか。早めに行って良かった。

当日(スタート前)

・東京駅前のホテルに陣取ってましたが7時には着くように出発。
・JRでも地下鉄でも東京から新宿までは1本で行けますが、前日のランナー受付で24時間有効のメトロカードをもらったので丸ノ内線で行きました。
・私はGATE2。最寄り駅指定は新宿駅が指定されていた。新宿駅には既にゲートごとの道順を示した看板をもったスタッフさんがいたので、それを見ながらいくだけ。土地勘がない人でも安心。
・ゲートではコンビニ袋もチェックされました。
・ゲート通過後すぐにトイレへ。トイレすごいたくさんあります。早い時間だったせいか、すぐ済んでしまった。スタートまでにまた行きたくなりそう。
・ゲート通過後にバナナとかポカリ(ゼリーもある)とか色々もらえる。
・手荷物預けなしランナーのため手荷物預かりの様子はわかりません。
・ブロックへの入場開始後すぐに自分のブロックへ向かいました。私は一番後ろのLブロック。噂どおり新宿中央公園内でした。
・列に並ぶ前に念のためもう一度トイレへ。予想では長時間並ぶはずだったのに、すぐ済んでしまった。早い時間だと並ばないんだな。
・ギリギリ(8:45)までトイレに時間を要するはずが、8時には列に整列してしまいました。それ以降はひたすら待つ。寒い。この時間が一番つらかったように思います。
・Lブロックではスタートの様子など全くわかりません。音は聞こえる。
・9時10分スタート。Lブロックの私がスタートしたのは18分後でした。思ったより早かったなー。

当日(レース中)

・最後のトイレから1時間30分以上寒い中じっとしていましたのでスタート直後からトイレに行きたい。
・しかし、トイレ自体は数百メートル~2kmくらいの間隔であるものの、どこも長蛇の列。
・セブンイレブンの中にも行列ができていましたよ。セブンイレブンのトイレも使えますってのは公式アナウンスにもあったけれど、コンビニの店内で列作るのはさすがに非常識じゃない?
・コースから見えるトイレはどこも混雑。見えないトイレではスタッフさんに「混んでますか?」と聞くようにしてましたが、16㎞のとこでようやく「女性は列が別だから!すぐに入れるよ!」というところを発見~。本当にすぐに入れまして、我慢はしたけども奇跡的にトイレ待ち時間ほぼ無し!でした。コースからは100mくらい離れてましたが待つより全然良いよ!女性は男性と同じ列じゃないトイレが狙い目かも?
・目標完走レベルのランナーはバナナにもあんパンにもありつけません(わかっていたが)。糖質の補給食は必携ですわ。さすがにポカリ切れは無かったけども。
・先日の石垣島マラソンでの足攣り経験から、ピクピクきたら減速、給水のところでマグオンやコムレケアゼリーを飲む、を徹底したところ攣ることなく完走できました(いたわりすぎてタイムは全然ダメでしたけど)。
・私くらいの位置ですと30km手前くらいから歩く人多数。歩く人が壁になって進みづらい(>_<)。
・天気はベストに近いコンディションだったのでは。程よく曇って風もなく。

当日(ゴール後)

手荷物預けなしランナーだったので、メダル⇒ドリンク⇒タオル⇒エマージェンシーシート⇒フリースジャケット⇒ポンチョ(順番は若干あやふや)と受け取り二重橋駅を過ぎたあたりで解放?って感じ。ポンチョをいただけるとは聞いていたけどフリースまでもらえるとわ。
・いたわりながら走ったせいか、初マラソンですが、完走後も元気でした。生まれたての子鹿には程遠い。奥高尾縦走(7時間コース)のほうがキツイかも?
・目標完走ペースではウインドブレーカーを脱ぐことはありませんでした。気候にもよるけどゼッケンはウインドブレーカーに付けるのもありかも(実際そういう人もいたし)。
・翌朝くるかな~と思いましたが、翌朝もわりとフツーの筋肉痛程度で誰も異変に気付かない(東京マラソンに当選したことは職場には秘密にしてました)。

感想

応援の人が全く途切れない。
ボランティアの皆様の頑張りも本当に素晴らしくて感謝の気持ちでいっぱいです。
大規模な大会であることを考えれば、多少の問題(トイレ混雑とか)も許容範囲。
関係者の方々は改善のために努力されているのだろうなあ。

また、東京マラソンは、私が今まで出た大会(ハーフ等も含む)の中で一番走りやすいコースでした。アップダウンが少ないし、制限時間は長いし。
初マラソンが東京マラソンで良かった。

ラク~なペースで走っていたので、最初から最後まで痛いとか辛いとか無く、「もう走りたくない!」と思わなかったので、今後もコツコツ申し込みたいと思います。