漢方治療を始めてみました

皮膚科の治療は対症療法で完治する気配がないので・・・

口唇炎を治すために、今年の1月から漢方薬を飲み始めました。

皮膚科の治療は、症状が酷いときに沈静化させたりこれ以上悪化させないことには効果があるものの、
数日~十数日たつとまた悪化しての繰り返しで完治する気配がないのです。
悪化したときに、とりあえず沈めるお薬がある安心感はあるものの、キレイになおすにはこのままじゃダメだな~と思い漢方薬を試すことにしました。

そのまえに、人間ドッグを受けて、内科的疾患がないことを確認しました。
なにか、大きい病気があって、その症状の可能性もあるわけで。
とりあえず重大な病が要因ではないようで、一安心。
いよいよ原因不明というか、そういう症状にこそ漢方なのかなと(私の勝手なイメージです)

病院なので、保険適用です。エキス剤というものですが、お安いです。
よく煎じ薬のほうがいいと聞きますが、高いし、明らかな皮膚疾患なので病院のほうが良いと思うんですよね。

とりあえず私が処方されているお薬は
・ツムラ温経湯
・東洋 桂枝加黄ギ湯
・補中益気湯
です。

皮膚を丈夫にしたり、免疫力を高めたりという処方のようです。

この病を患って、もう3年?4年?になりますから、気長にやるつもりですが、
半年ほど続けた効果は、
生理痛の軽減
かな。これは割りとハッキリ効果が出ました。

肝心の唇の状態は、、、悪くはなってないですが、相変わらず悪化と軽快の繰り返しです。
悪化・・・ベトネベート塗布・・・軽快・・・次第に悪化・・・ベトネベート塗布・・・軽快・・・って感じですね。
ベトネベート(ステロイド外用薬)の使用は週に1回くらいかな。じくじくして赤みが出て炎症おこしてる感じのときに使ってます。

湿度と気温が高くなる時期は、あまり酷くならない気がするので(良くもならないが、真冬よりはマシな気がする)
漢方の効果が出てるのかどうかは何ともいえません。

しかし、抗生物質なんかに比べたら、安心して飲み続けられるお薬なので、
しばらく頑張って続けてみます~