エポスカードの海外旅行サポートが素晴らしい

クレジットカードにはよく海外旅行保険が付帯していますが、いざ現地で必要となったときの使い方がわかっている人ってどのくらいいるのだろう。
今年の夏は一人ハワイなので、きちんと調べておくことにしました。

海外旅行へ持っていくクレジットカードは?

私は海外旅行傷害保険が自動付帯となっているクレジットカードを複数枚所有していますが、どこのカード会社も海外旅行保険についてはあまり詳しく説明していないんだなと思いました。
必要最低限のことは説明しているのかもしれないけれど、不慣れな私には心もとなく感じる内容。
そんな中、「これは素晴らしい!」と思ったクレジットカードがありました。

【エポスカード】です!

EPOSNet(エポスカードの会員サイト)で海外旅行傷害保険の請求方法等を調べていたら「各種資料のご請求」というメニューがあって、とりあえず以下の2点を請求してみたんですよ。

・エポスカード海外旅行ハンドブック
・エポス(ゴールド)カード海外旅行傷害保険ご利用のしおり

届いたのがコレ

比較のためボールペンを並べてみました。
持ち運びに便利なハンディサイズの小冊子。

海外旅行ハンドブックはともかく、海外旅行傷害保険ご利用のしおりは是非請求したほうが良いです!
ネットで検索すれば保険の請求方法など知りたい情報は調べられますが、存在自体知らないサービスについては検索しようがないわけです。

また、保険が必要となるときって緊急事態なので調べるのもラクではないと思うのです。
その点、この冊子は利用できるサービスから利用方法まで詳しくまとまっているので、「何かあったらこれを見ればいい」って感じで安心できます。

こんな素晴らしいアイテムを配っているのはエポスカードくらいでしたよ。
若者がメインターゲットだからかな?海外旅行サポートも初心者目線で優しいわ。

ちなみに私は現地で何かあった時の初手はエポスカード、そのほかのカードの保険は帰国後に事後申請、って感じで考えています。
カードによっては事後申請のみ(現地では基本立替)ってところもあるので注意が必要ですよ・・・。

なお、資料は
おトク・便利な使い方を学ぶ>あんしんサポート>海外旅行で安心>海外旅行傷害保険が自動で付きます
から請求ができますよ。

エポスカードは、年会費無料の一般カードでも海外旅行保険の補償内容が傷害200万円(疾病270万円)という手厚い保障内容です。
死亡保障なんてどうでもいいんですよ。保険が必要になるのはほとんどがケガや病気なので傷害疾病の補償額が重要ですが、年会費無料カードでここまでの内容って本当に他に無いです。
ちなみにエポスカードはインビテーション(招待)がくればゴールドカードも年会費無料です。
インビテーションの基準も緩い(年間利用50万円くらい?)ので、ぜひ無料ゴールド会員を狙いたいところ。

エポスゴールドカードは、
・海外旅行傷害保険(傷害300万円、疾病300万円)
・ポイントの有効期限がない
・選べるポイントアップショップで還元率1.5%可能
・年間利用100万円で10000ポイント還元(50万円だと2500ポイント)
あたりがメリットかなあと思っています。

海外旅行傷害保険については実際に使ってみないと真価はわかりませんが(使う機会はないほうが良いけど)、
今回の件でエポスカードを見直したので、今後はメインカードとして利用するつもりですよ。
年間100万円以上利用して10000ポイントもらいますよ。

しかし渡航先がハワイの場合は治療費300万円でも心もとないので、海外旅行保険に別途加入予定です(というオチ)